最強のお財布

最強のお財布

ローンを利用している、ということは、コレつまり、負債をもっている、ということも言えます。もっと言うなら、プロに借金している。でも、最近では、借金=マイナスイメージとはならないようです。むしろ、その借りて返すまでに、そのお金をどのように利用(運用)して、価値のある物にしたかどうか、ということが重要視されるようです。
例え、事前に少々お金を借りても、その時その場で有意義なお金の使い方をして、きちんと返済プランに基づいて、または返済プランを前倒してきちんと返済していれば、印象は、マイナスどころか+のまたプラスになります。こんなお金の使い方をしている人は、「お金に惑わされている人」ではなく「お金と上手に付き合える大人」として周りの人に印象付けるからです。このような人は、ローンでお金を借りることを、「別に自分が持っている財布」と安易に考えずに、あくまでも人のお財布からお金を借りるというスタンスは崩すことなく、借りたお金に対して真摯に対応しているのです。そのことが、ローン=借金というマイナスイメージを払しょくさせ、お金の新たな可能性を広げてくれることになります。
「まだあそこにお金がある」のではなく「今、あのお金を使おう」です。