ローンを賢く使う

ローンを賢く使う

ローン会社は、お金を貸して付いた利息を受け取ることによって、商いが成り立っています。確かに、親や友人にお金を借りれば、利息なんて払わずに済むかもしれませんが、お金には変えられない、あなたへの信用を失ってしまう可能性があります。
特に友人の場合、「金の切れ目は縁の切れ目」とも言うように、実際に借りなくても、そのようなお願いを口にしただけで疎遠になってしまう人も出てくる可能性が。それならいっそ、信頼できるプロのお金貸しの会社からお金を借りて、友人との信頼関係は失わないようにする方が、その後の人生に良いに決まっています。ローンの怖さを知った上で、賢く使う。これが一番なのです。
因みに、お金にまつわる諺(ことわざ)って昔から沢山ありますよね。金に糸目をつけずとばかりに買い物をしてみたい。辛抱する木に金がなると信じて、毎日小銭を稼ぐ日々。誰彼ともなく喧嘩をしながら「金持ち喧嘩せず」を思い出して苦笑する。要するに、筆者の所にはお金が回らず。お金が回る天下はどこにあるんですか〜。と思ったり。早起きは三文の徳、と知りつつ朝寝坊をして、毎日バタバタと過ごす日々です。あ〜、「金がなる木」は一体どこにあるんでしょうか?